ペアーズを急に退会する時にはどうすればよい?

ペアーズ 退会

 

ペアーズを無料で利用していた無料会員の場合には、急に退会する場合でも特別な手続きが必要になることはありません。もともと費用が掛からないので、そのままにしていても問題ないでしょう。ただし、無料会員として登録していても恋活・婚活をしていないのなら、プロフィールから顔写真は削除しておいた方が、他人からのアプローチを避けることができるので親切ですね。

 

有料会員でも、急に退会することは可能です。料金をどのように支払っていたかによって必要な手続き方法が異なるので、速やかに手続きをしましょう。落ち着いてから退会しようとしていると、手続きをするまでの期間は会員ステータスが自動的に継続することになります。

 

スマホのApple PayやGoogle Payを利用していた人なら、スマホの設定画面から自動継続をキャンセルすることで対応できますし、クレジットカードで支払っていた場合なら、退会の手続きをした時点で自動更新はなくなります。

 

急に退会することになったからと言って、すでに支払った金額が戻ってくるというわけではないので、その点は気を付けましょう。ペアーズでは、月割りや日割りでの返金には一切対応していません。これは決済方法が変わっても同じです。

ペアーズは強制退会させられることがある?

ペアーズ 退会

 

現在では、登録会員が600万人以上という大所帯な婚活・恋活サイトとして人気のペアーズは、一般的な結婚相談所や婚活サイトなどと比べると、比較的会員がマイペースで自由に活動できるサービスです。

 

会員が自由に活動し、皆が気持ちよく恋活や婚活できる場所となれば、やはりそこにはルールというものが必要ですよね。ペアーズでは、会員の活動をモニタリングしていて、NGと判断したものについては会員に対して警告を行うシステムとなっています。

 

最初に登録するプロフィールの内容などは、表示されるまでに審査があるため、審査に通らなければ表示されることはありませんが、会員となってから婚活・恋活をし、その中でルールに違反した場合には、ペアーズから警告を受けることになるので注意しなければいけません。

 

そして、何回も警告を受け続けた場合には、強制退会という手段を取られてしまうこともあります。たくさんの人が真剣に恋活や婚活をしている場所で、ルールを守らない不届き者がいて、改善する意思すら持っていないのなら、それは強制退会という処分になったほうが、他の人にとっては安心できますよね。もちろん、自分で何をしたのかわからないまま、いきなり強制退会ということはないので、安心してください。

ペアーズを休止する方法

ペアーズ 退会

 

ペアーズでステキな異性とマッチングでき、お付き合いをすることになった人はたくさんいます。

 

しかし、ペアーズでマッチングできた人が自分にとって運命の人というわけではないため、実際にお付き合いをしながら相手が自分にとって理想的な人かどうかを見極めていくことになるわけです。その際に、もしも運命の人ならペアーズを退会したいけれど、それをはっきりさせるまでは休止したいということがあるかもしれません。

 

ペアーズでは休止というステータスは設けていないので、活動しない場合には有料会員の期限が切れるタイミングで、無料会員へとステータスの変更をするのが良いでしょう。

 

ペアーズでは、月割りや日割りでの返金などは一切行っていません。そのため、有料会員ステータス期間の途中で退会したり休止してしまうのは、費用面でもったいないですよね。

 

無料会員へとステータス変更する場合でも、すでに支払った費用分はしっかりとサービスを受けたほうが良いので、会員資格更新のタイミングで資格変更するのがおすすめなのです。無料会員になって、プロフィールから顔写真を削除しておけば、それは活動していませんというサインとなるので、異性からアプローチを受けることがなくなります。

 

⇒ペアーズの口コミよりよくわかる体験談記事はコチラ